フェイスブックジャパンの「神戸ブルーウィーク」なう

おしゃれタウン、神戸市で背伸びしている平山(&梅田)です。
なぜ神戸にいるのか?

それは、株式会社フェイスブックジャパンと神戸市が行う、
地域経済・地域コミュニティ活性化に関するプログラム
「KOBE ブルーウィーク」の視察をするため。

壱岐市とフェイスブックジャパンの歴史は
Iki-Bizのプレオープニングイベントに
長谷川代表に来てもらったことから始まりました。

その後、フェイスブックジャパンの決算期のプレス発表会にて、
フェイスブック利用の成功事例として壱岐の下條果物さんの例をあげてもらい、
海外も含めてメディアの前でご本人がビデオミーティングで登場したことや、
その他水面下の動きなど、色々とやりとりは続いておりました。

そのような流れでお誘いいいただいた、このイベント。

本日は、神戸市職員に向けてのプレゼンテーションと、
その後に行われた、神戸市職員のFacebookやInstagramの
使い方の1対1相談会に参加。

FacebookやInstagramの色々な使い方、使い分けの話、
効果的な投稿の仕方、行政として成功している発信例など、
中身の濃いセッションでした。

プレゼンで、Facebookの「グループ機能」を解説された際に
「壱岐」グループを例として出してくださったことが
とても嬉しかったですし、壱岐チームは小躍りしました〜

ちなみに今回、壱岐市役所の企画振興部の松井さんと
総務部の植村さんと一緒に来ておりましたが、
「情報をタイムリーに発信できていない」と課題を抱えていた植村さんが
午前中も午後もタイムリーに発信しているのを見て、
今回のフェイスブックイベントがすでに効果を発揮していることに感激。
それに対し、遅れをとってしまった、平山でした。

壱岐市役所とIki-Bizが参加したこのFacebookイベント。
今後どういう形になるか、乞うご期待ください。

Iki-Bizでは、Facebookを始めている人に向けて、
リーチを伸ばしたいけどどうすればいいか、
今フェイスブックで効果が高いものはどういう機能か、
Facebook・Instagram・ストーリーズの使い分けなどの相談も受けております。